見た目は酸っぱそう?でも驚くほどさわやかな甘み! みかんどころ糸島発祥の奇跡の柑橘「はるか」をご存じですか? 九州探検隊は、「はるか」誕生の立役者のもとを訪れその現場を目撃してきました。

画像

 

古くからの「みかんどころ」糸島


今回、九州探検隊がやってきたのは「福岡県糸島市」。
糸島市は、自然が豊かで、海の幸や農産物が豊富な地域。
また、都市への交通アクセスも良く、
質の良い生活を楽しむことができる福岡の人気スポット。

近年、首都圏などからの移住者も増えており、
国内問わず世界からも注目されているエリアです。

実は、糸島は、江戸時代から
『みかんどころ」と呼ばれるほど、
美味しいみかんの産地として知られていました。

 

画像

 

糸島で美味しいみかんがとれる理由


美味しいみかんに欠かせないのが、温暖な気候。

最低気温がマイナス3度以下にならない環境であること。
また、西から吹く、対馬暖流のミネラル分を多く含んだ風が美味しいみかんがとれる条件。

画像

糸島半島は、このように地理的に良い条件がそろっており、
「みかんどころ」と呼ばれるほどの生産地となっています。

糸島で栽培されているみかんは、天草、甘夏、不知火(デコポン)
清見、アンコール、早味みかん、甘園坊(宮川マルチ)、紅まる君(山下虹)など。

九州探検隊は糸島のみかんの生産地をこの目で確かめるため、
糸島市二丈福井にある「福ふくの里」を訪れました。

 

 

画像

 

糸島が生んだ奇跡の柑橘!?


福ふくの里は四季折々の糸島の新鮮な野菜、
魚介類、米、加工品などを豊富に取り揃えている産直市場。

糸島半島の西側に位置する二丈福井にあります。

九州探検隊は、取締役社長である、釘本伊勢光さんに
糸島のみかんについてお話を伺いました。

「糸島には、いろんな種類のみかんがあります。
この福ふくの里にもたくさんのみかんがありますが、
なかでも糸島発祥のはるかは珍しいんじゃないでしょうか?」

「糸島発祥のみかん!?」

「農家の庭先で偶然発見され、奇跡の柑橘ともいわれています。
日向夏と甘夏柑が自然交配しているのを偶然発見した石井さんという方が
長い年月をかけて育てられました。
実はその石井さん、すぐこの近所にいらっしゃいます。
良かったら、その方にお会いしますか?」

探検隊「ぜひお願いします!」

 

画像

 

ここで奇跡が起きた!


糸島市二丈吉井で、代々みかん農家を営む 石井さんのお宅にやってきました。

石井徳雄さん
「どうぞこれがはるかです。」
「偶然にも、日向夏と甘夏柑が自然交配していたんです。」

画像

石井さんが、偶然にもはるかを発見したのは、昭和55年のこと。

「庭のつつじの木の下に、2年前ぐらいの苗木が2本生えていたんです。
幹の太さは、つまようじくらいでしたね。」

石井さんは、その苗木を大切に育てました。
やがて3年くらいかけて実がなり、平成8年には品種登録へ。

孝則さん(長男)が、はるかの普及に努め、
糸島市では、JA糸島を通じて5戸の農家が約7トンを
出荷しているのをはじめ
数十戸が産直市場などで販売しています。
現在では愛媛、広島、岡山県などに産地は広がっています。

 

画像

 

酸っぱそう?いや、いや甘いんです!


「香りがさわやかで、甘みが強く、とっても美味しいですね。」

はるかは、そのレモンの酸っぱそうな見た目とは裏腹にまったく酸味がありません。
こんなに美味しいみかんが自然交配で誕生したなんて全く驚きです。

「はるかの美味しい食べ方ってどういうものがありますか?」

石井徳雄さん

「そのまま食べても美味しいですね。
また、日向夏みたいに皮も美味しく食べることができますよ。」

 

画像

 

はるかの名前の由来とは?


「実は、“はるか”はもともと、“まどか”という名前で申請をしていました。
その理由は、ここにあった円通寺の円という字からです。

実は、この「はるか」を発見した場所は、この円通寺の前。
円通寺は石井さんの家の敷地内にあったと言われており、現在では小さなお堂になっています。
はるか誕生の奇跡には、ここにいる阿弥陀様によるものなのかもしれませんね。

 

 

糸島の技術が結集し、夢のコラボが実現

 


大丸福岡天神店にて、この「はるか」を使った商品が登場します。
4月7日(水)からの九州深発見フェアでお待ちいたしております。

 

画像

左)糸島正キ

糸島生まれの柑橘「はるか」を使った 生ドレッシング、フルーツバター、コンフィチュールです。
ひとくち食べると「はるか」の爽やかな香りが広がります。
2019年九州福岡おみやげグランプリを受賞した
「糸島正キ」とのコラボレーション商品。

 

<糸島正キ×はるか>

A:はるかドレッシング(1本)…税込972円
B:はるかコンフィチュール(1本)…税込1,134円
C:はるかバター(1本)…税込1,350円

 

右)ブランジュリ ノアン

糸島で人気の「ブランジュリ ノアン」のベーカリーに 「はるか」を使用しました。
生地に練りこまれた「はるか」のドライフルーツと
ピールの爽やかな香りにホワイトチョコレートの甘さがマッチ。
マカダミアナッツが食感のアクセントに。

<ブランジュリ ノアン×はるか>

はるかのパン(1点)…税込540円

 

画像

 

<福ふくの里×はるか>

甘味料・添加物一切不使用、原材料は「はるか」のみのストレートジュースです。すっきりとして口当たりがまろやかで上品な甘さが特徴。

はるかジュース
(200ml)…税込400円
(500ml)…税込950円