ふわふわでとろとろの「ゆし豆腐」をご存じでしょう か? 実は、ある理由から沖縄以外ではなかなか食べる ことのできないソウルフードなんです。 今回は、沖縄の重要な食文化である「ゆし豆腐」に 迫ります!

画像

 

今回、九州探検隊がやってきたのは
海人(うみんちゅー)の町として知られる糸満市。


沖縄本島の最南端に位置し、古い文化が色濃く残る地域です。

この糸満市に美味しい「豆腐」があると聞きつけた九州探検隊。
「善は急げ。」とばかりに、さっそく沖縄へ飛んでいきました。

 

沖縄の重要な食文化の一つである豆腐は、
島豆腐、じーまーみ豆腐などがよく知られていますが、
今回取り上げる豆腐は「ゆし豆腐」。

 

沖縄ではとても愛されているのに、全国的にあまり知られていない
この「ゆし豆腐」。
一体どんなお豆腐なんでしょう。

 

画像

 

ふわふわ、とろとろ、クリーミーな食感「宇那志豆腐店」


ゆし豆腐を簡単に説明すると、
豆乳に塩とにがりを入れ、枠に入れて固める前のやわらか~い、おぼろ状の豆腐のこと。
ゆし豆腐を固めたものがいわゆる「島豆腐」です。

 

沖縄で広く愛されている「ゆし豆腐」のなかでも
特別ふわふわ、とろとろ、クリーミーな食感で人気の
「宇那志豆腐店」の製造の現場に潜入しました。

 

創業昭和60年。宇那志豆腐店 二代目店主 大城光さんに
お話をうかがうことができました。

 

 

美味しさの秘密は「地釜製法と熟練の技」

 

 

豆腐の作り方は、10時間水につけた大豆をミキサーにかけることから始まります。

 

画像


そして、地釜と呼ばれる大きな釜に、生絞りの大豆の汁を移します。

 

画像

 

ここで火力をあげ、豆乳の濃度を調整することで、クリーミーな味わいに。


1時間ほどていねいにアクをとりながら炊きあげます。

焦げる寸前の火力で、加熱することで、甘みと独特の風味がうまれます。

これは「地釜製法」という、沖縄ならではの美味しい豆腐の秘密です。

 

画像

 

次に、にがりと塩を加えていきます。
にがりをいれると、豆乳はだんだん固まってきます。

豆腐の柔らかさは、にがりを打つ高さ、かき混ぜ方、温度調節などで
全く違うものになるそうです。

このゆっくりと凝固させていく混ぜ方が美味しさの秘密。


まさに熟練の技!
 

画像

 

さあ、ゆし豆腐の出来上がり!


「ふわふわ」「とろとろ」のゆし豆腐は、塩味がついているので、

あつあつのまま食べるのが一番。

 

塩味がついているので、そのまま食べると
まるでスープのような美味しさ!

 

豆腐のふわふわ食感と絶妙な甘み。
するするっと何杯も食べることができそう。

 

このゆし豆腐を固めたものが木綿豆腐になりますが、
これまた、柔らか、クリーミーで、すご~く美味しい!
この豆腐で作ったチャンプルーは絶品。

 

画像

 

美味しさのカギは 「あちこーこー」


ゆし豆腐は出来立てが一番。
アツアツの状態で、すぐに出荷されます。

沖縄の豆腐はスーパーなどで「温かいまま」販売されています。
豆腐を買う時に、どのくらい熱いかを確かめてから買う人がほとんど。

 

これは「あちこーこー(=あつあつできたて)」と呼ばれ、
島人(しまんちゅ)の食卓で昔から愛されている独特の食べ方。

豆腐は冷たいという、固定概念を打ち砕かれますが、
この新鮮さが美味しい豆腐の理由なんです。

 

画像

 

「ゆし豆腐」の食べ方


ゆし豆富は、そのままはもちろん、ごはんと一緒に食べるのもおすすめです。
地元では、だしを入れたり、スンドゥブ鍋に入れたり、
といろんな食べ方があるそうです。

また、沖縄そばとゆし豆腐が一緒になった「ゆしどうふそば」
という麺類もあります。

 

ゆしどうふそば専門店「わらいそば」では、
基本の「ゆし豆富そば」や「ゆし豆富定食」をはじめ、
「坦々ゆし豆富まぜそば」「麻婆つけ麺」など、
バリエーションに富んだメニューがズラリとありました。

とにかく、どれも美味しい!

 

画像

 

「ゆし豆腐」を九州全土へ!


この美味しさを、もっと広く伝えたい!そんな思いを抱えた若き社長、
尾崎俊平さんの紹介をここでしないわけにはいきません。

 

尾崎社長は、有限会社尾崎食品の代表取締役。
島原を拠点に、豆腐製品を販売しています。

 

尾崎社長と、宇那志豆腐店の出会いについては、
ロングインタビューをご用意しておりますので、動画でご覧ください。

 

 

沖縄の食文化を伝えたい!


うみんちゅーの町糸満市が育んだ
宇那志豆腐店の「ゆし豆腐」。

 

一人でも多くの人にこの美味しさを、
そして沖縄の貴重な食文化を知ってもらいたい。

そんな思いで九州探検隊は活動を続けていきます。