福岡天神店

SHOP BLOG

2021年08月25日(水)

9月のアートギャラリーのご案内

9月のアートギャラリーのご案内

アートギャラリー 9月

 

本館6階アートギャラリー

(最終日は午後4時閉場)

 

画像

『白嶺茶盌』(径14.0×13.0×高7.5㎝)

 

古稀記念

萩 田原陶兵衛展

9/1(水)~7(火)

 

長門市深川湯本、三之瀬の谷に窯が開かれたのは今から350年前。

毛利輝元公に従って広島から萩に移り御用焼物所を開窯した田原家の先祖は、約半世紀の後この地に移り新しく窯を築きました。

その十三代目を継ぐ田原陶兵衛氏は、学生時代に韓国の古窯跡や九州の全ての窯場を見て歩き、卒業後は唐津焼の中里重利氏の元で修行されました。

技術と心を代々引継ぎながら、その中で個性を表現しなければならない伝統の世界。

さらに、「継・創・伝」の三字に思いを込めながら、ご自身の作陶を追求されています。

【作家来場予定】

9/1(水)~6(月)

【出品作品】

茶盌・水指・花入・香炉・香合・ぐい呑み 他

 

 

 

 

 

画像

『端渓山水硯』(18.5×26.5×5.0㎝)

 

~歴史と伝統の銘硯~

大端渓硯展

9/8(水)~14(火)

 

端渓硯は、文具としての優れた特性と美術品としての美しさから古来より墨を使う人々に愛されてきました。

本展では、中国広東省肇慶市にある硯工場より厳選された硯を展示販売いたします。

ぜひ、端渓硯ならではの墨のおりの速さや、すり出される墨汁のきめ細やかさを会場でお試しください。

 

 

 

 

 

画像

岡田三郎助『裸婦』

油彩 (SM)  昭和7年作 東美鑑

 

Modern Japanese Oil Painting

~近代から現代へ~

9/15(水)~21(火)

 

明治以降、西洋画への憧れや模倣を経て、伝統的東洋美との融合の末に形作られた日本的油画。

「日本人の描くべき油彩画とは何か」という難題に挑戦を続け、やがてその典型を生み出していった近代の巨匠たちと、

現代を生きる作家たちの秀作を一堂に展覧いたします。

ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

画像

オールドバカラ 『マーガレット文花器』 

1900年頃フランス ( H:25.0cm  W:8.0cD:8.0cm)

 

アンティーク工芸展

~バカラ、ルネ、ラリック、ジュエリーを一堂に~

9/22(水)~28(火)

 

19世紀から20世紀初頭、ヨーロッパの芸術文化の進歩は人々を魅了し現在にもその品々は大切に受け継がれています。

アール・ヌーヴォー期~アール・デコ期にかけてのアンティークバカラ、ルネ・ラリックなどのガラス工芸品など、時代を経ても輝きを失うことのないアンティークジュエリーを数多く展覧いたします。

ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

画像

ワンマイザー 『オールド・スクール』

ミクストメディア(57.0×48.0㎝ )

 

~街はオレたちのキャンバスだ~

ワンマイザー展

9/29(水)~10/5(火)

 

32歳のフランス出身のストリートアーティスト、ワンマイザー。

新星のストリート・アーティストとしてパリにて頭角を現し、注目を集めています。

近年では、パリ、ロンドン、アムステルダム、ドバイ、シンガポールなど世界各国のギャラリーがワンマイザー作品の取り扱いを始めています。

様々な技法を組み合わせて作られたセンセーショナルな表現と、エネルギーに満ち溢れた鮮やかな色彩が魅力的です。

是非、この機会に世界から注目されるワンマイザーの世界をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショップ情報

ショップ名 アートギャラリー TOPICS
フロア
本館 6F

FLOOR MAP

カテゴリー リビング・キッチン・文具 / その他
PAGE TOP