認定式レポート

1~10件目/100件中を表示

1  2  3  4  5 

唐津市と認定式を行いました

唐津市と認定式を行いました

 

 

1月19日(木) 唐津市の峰 達郎(みね たつろう)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

アンバサダー認定に出席してくださった「唐ワンくん」は、2008年4月唐津城築城400年記念のイメージキャラクターとして誕生しました。

唐津藩最後の藩主 小笠原長行(おがさわら ながみち)の兜かぶり、手の肉球は唐津一帯を治めていた波多(はた)家の家紋「三ツ星」、胸の模様は、唐津市のシンボルマークになっています。

踊って動ける唐ワンくんは、ツイッターでライブ配信もしていますよ!

ぜひご覧ください!

 

唐津市は九州北西部の玄界灘に面し、約100万本のクロマツを有する国の特別名勝・日本三大松原の「虹の松原」など美しく豊かな自然に育まれた風光明媚(ふうこうめいび)な景観を有しています。

伝統工芸品である「唐津焼」、平成29年にはユネスコ無形文化遺産に登録された「唐津くんちの曳山行事」など、自然と歴史、文化が織りなす街として知られています。

 

海と山に囲まれた自然豊かな唐津は、生産量全国1位のハウスみかんをはじめ、呼子のイカ、佐賀牛の主要な生産地でもあり、棚田米、唐津Qサバ、お茶、日本酒など食材の宝庫です。

また、土の採取から成形・絵付け・焼成まで作陶家が一貫して行う唐津焼は、世代を問わず若い世代にも愛用されています。

 

白砂青松が望める唐津城、玄界灘の荒々しさを感じさせる七ツ釜のほか、7つの有人離島でも美しい景観を楽しんでいただけます。

豊臣秀吉が使用したと言われている黄金の茶室を復元した、名護屋城博物館もオススメスポットです。

毎年11月2~4日に開催される唐津くんちでは、約200年前の姿を守り伝えてきた獅子・兜・龍などを模した巨大な漆や金箔の工芸品でもある14台の曳山が、唐津の旧城下町を威勢の良い掛け声、お囃子とともに曳き回されます。

 

今後、もっともっと唐津市の魅力を発掘して、情報発信していきます。

小城市と認定式を行いました。

小城市と認定式を行いました。

 

 

12月21日(水) 小城市の江里口 秀次(えりぐち しゅうじ)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

小城市は佐賀県のほぼ中央に位置しています。

北は天山(1046m)という山を持ち、南は日本一の海苔の生産地である有明海を有し、南北に長い地形です。(約96㎢)

その天山から流れる「水」は全国名水100選にも選定されています。「水」の恩恵は、平野部で「小城羊羹」を育み、更に米づくりそして有明海まで繋がり日本一の「海苔」が生産されます。

 

さらに、その名水にさらされる「鯉料理」も有名です。

プリプリと身が引き締まった鯉の刺身、いわゆる「鯉のあらい」は臭みがなく、各店舗自慢の自家製酢みそで味わえば絶品です!

そして最近、伝統的な「鯉のあらい」のあらを使った、みそ仕立ての「鯉こく」を基本としながら新メニューを開発したそうです。お披露目の際はアイデア満載のメニューが集まり大変大好評だったそうです。

 

観光地には、「さくら名所百選」と「日本の歴史公園百選」に選ばれている名庭園「小城公園」があります。春は桜、5月にはツツジが咲き誇り、園内を鮮やかに彩ります。

 

九州探検隊は今後も小城市の魅力を発掘して、情報発信していきます。

由布市と認定式を行いました。

由布市と認定式を行いました。

 

 

12月15日(木) 由布市の相馬 尊重(そうま たかしげ)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

由布市は湯布院、庄内、挾間の3つのエリアがあり、北に由布岳、南に黒岳と、1000m級の山々が連なる自然豊かな環境です。
それに加え、由布院温泉、湯平温泉、塚原高原、黒岳・男池、由布川峡谷など魅力あふれるスポットが多くあり観光地となっています。

 

また最近は、「パックラフト」という簡単に折りたためる小型のボートで川下りをするアクティビティが人気。水流が緩やかで自然を感じながら進むコースから、風を受けながらスリリングな川下りを楽しむコースまで、老若男女問わず楽しめるアクティビティです。

 

由布市の豊かな自然に触れて、温泉につかって、もっと魅力を見つけてみてください。

九州探検隊は今後も引き続き、由布市の魅力を発掘して情報発信していきます。

 

 

 

竹田市と認定式を行いました。

竹田市と認定式を行いました。

 

 

12月15日(木) 竹田市の土居 昌弘(どい まさひろ)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

滝廉太郎の名曲「荒城の月」のモチーフとなった岡田城跡が有名な竹田市は歴史と文化の城下町です。

「御客屋敷」や「武家屋敷通り」など風情ある散策を楽しむことができます。

 

また、阿蘇くじゅう国立公園の一角に位置し、広大な緑のパノラマが眼前に広がる「久住高原」は貴重な植物が多く生息しています。

春におこなわれる「野焼き」は、環境省の「かおり風景100選」に選ばれており、世界遺産に匹敵する価値を持っています。

川端康成、北原白秋、与謝野鉄幹・晶子夫妻ら数多くの文人墨客が感動を詩に残した、自然の雄大さと美しさを感じることのできる竹田市へ行かれてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津久見市と認定式を行いました。

津久見市と認定式を行いました。

 

 

12月15日(木) 津久見市の川野 幸男(かわの ゆきお)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

津久見市は大分県の東海岸に位置している市です。

国内屈指の良質な石灰石産地として知られ、採掘場の白い山肌はまさに津久見の産業と風景を象徴するものになっています。

なんと「セメント町」という町名がつけられるほど!

石灰石産業は市民の暮らしに深く関わっています。

 

そして津久見市には日本最古の柑橘類の古木「尾崎小ミカン先祖木」があります。

奈良時代の740年に植えられ、平安時代末の1157年に現在地へ移植されました。

1937年には国の天然記念物に指定され、樹齢860年以上と現存する柑橘類の中では全国一の古木として有名です。

津久見のみかんを使ったどら焼き、羊羹、くずゼリーなどぜひ現地でお召し上がりください!

 

 

今後も引き続き、大分市の魅力を発掘して情報発信していきます。

別府市と認定式を行いました。

別府市と認定式を行いました。

 

 

12月15日(木) 別府市の松﨑 智一(まつざき ともかず )副市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

大分県内では、大分市に次いで人口が多い別府市。

別府といえばやはり「温泉」のイメージなだけあって、国内外から観光客が訪れる観光都市で、国際観光温泉文化都市、国際会議観光都市に指定されています。

温泉が市内各地で湧出しており、これは日本の総源泉数の約1割を占めるといわれています。

さらに湧出量も日本最多とまさに「温泉地」です。

 

そんな日本一の温泉地「別府」には、「別府八湯」という八つの温泉郷があります。

(浜脇温泉、別府温泉、観海寺温泉、堀田温泉、明礬温泉、鉄輪温泉、柴石温泉、亀川温泉)

その豊富な源泉と多様な泉質を誇る日本一の温泉地「別府」へぜひ行かれてみてください!

 

 

そして別府はアートの街でもあるんです。

BEPPU PROJECT という別府市を活動拠点とするアートNPOがあり、現代芸術の紹介や普及、フェスティバルの開催や地域性を活かした企画の立案、人材育成、地域情報の発信や商品開発、ハード整備など、さまざまな事業を通じてアートが持つ可能性の普遍化を目指し、アートを活用した魅力ある地域づくりに取り組んでいます。

 

 

今後も引き続き、別府市の魅力を発掘して情報発信していきます。

大分市と認定式を行いました。

大分市と認定式を行いました。

 

 

12月15日(木) 大分市の佐藤 樹一郎(さとう きいちろう )市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

大分市は九州でも福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5の都市です。

そこには、食・観光ともに魅力がたっぷりで、福岡県からの観光者がとても多いそうです。

 

 

ーーーー

~食~

ーーーー

 

大分市は、海の幸・山の幸両方を味わうことができて、地元の味を堪能できる飲食店も多いんです!

「ふぐ」、「関あじ・関さば」、「おおいた豊後牛」など素材がそろっているのはもちろん、「とり天」「だんご汁」「にら豚」など大分発祥のものや郷土料理なども人気があります。

 

 

ーーーーー

~動物~

ーーーーー

 

●高崎山自然動物園

約1000頭の野生の二ホンザルを間近で観察することができる日本でも数少ない自然動物園です。

 

●大分マリーンパレス水族館『うみたまご』

大分の海を表現した水槽や、大迫力の大回遊水槽など見どころ満載の水族館です。

イルカやセイウチのユニークなパフォーマンスや、動物とのアートで遊ぶ新感覚の施設などが楽しめます。

 

 

ーーーーーー

~アート~

ーーーーーー

 

●大分県立美術館 OPAM

世界的な建築家・坂茂氏が設計。フリースペースには実際に触ることのできるアート作品も並び、気軽に立ち寄れる一方で、世界にまたとない企画展を開催しています。

 

●大分銀行赤レンガ館

東京駅の設計を行ったことで知られる辰野金吾氏が手掛けた、明治時代の趣を残す洋風建築の『大分銀行赤レンガ館』は国の登録有形文化財です。

館内では、大分県内の特色ある農産物や加工食品、工芸品などを販売するショップやコーヒー専門店のカフェなどが併設されています。

 

●大分市美術館

田能村竹田の豊後南画や高山辰雄の日本画など、大分にゆかりのある作家作品を常設展示しています。

戦後の日本建築士を代表する建築家の一人である内井昭蔵氏設計の美術館です。

 

 

今後も引き続き、大分市の魅力を発掘して情報発信していきます。

 

 

 

阿蘇市と認定式を行いました。

阿蘇市と認定式を行いました。

 

 

9月28日(水) 阿蘇市の佐藤 義興(さとう よしおき )市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

認定式には、阿蘇市のイメージキャラクター「あか牛くん」も参加してくれました。

あか牛くんは、ゆったりのんびりな性格で、阿蘇のおいしい野草が大好きです。

 

画像

 

九州のほぼ中央に位置する熊本県阿蘇市は、阿蘇五岳を中心とする世界最大級の阿蘇カルデラや広大な草原を有し、その自然の多様性や草原の野焼きに代表されるような次世代へ継承すべき豊かな景観、文化から2015 年にはユネスコのジオパークにも認定されました。

 

九州の水がめと言われる豊富な湧水。火山と日本一の大草原。野焼きが生む土壌。南国熊本にあって、標高約五〇〇mの寒暖の差。

阿蘇市には、逸品たちが生まれる環境があります。

 

今後、もっともっと阿蘇市の魅力を発掘して、情報発信していきます。

宮古島市と認定式を行いました。

宮古島市と認定式を行いました。

 

 

8月19日(金) 宮古島市の座喜味 一幸(ざきみ かずゆき)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

 

認定式には、宮古島市の公式マスコット「みーや」も参加してくれました。
みーやは平成17年10月1日に誕生した、身長110cm、体重19kgの5歳の男の子です。
南国の青い海と波をイメージしたヘアスタイルと、スポーツアイランドにふさわしい躍動感あふれる姿、胸元には市のロゴマークがついています。

 

画像


宮古島市は沖縄本島の南西方およそ290km、石垣島の東北東およそ133kmの距離にあります。

人口はおよそ5万人、平均気温23.6度、平均湿度77%の亜熱帯海洋性気候です。

周辺の来間島・池間島・伊良部島とは橋で繋がっており、東洋一と歌われる前浜ビーチなど美しい海岸が多くありリゾート地として大人気!

スキージャンプメダリストの葛西紀明さんや、人気お笑い芸人千原ジュニアさんなどが宮古島大使として活動されています。


特産品としては有名なマンゴーの他、島では「ばんちきろう」と呼ばれるグアバ、島バナナなど南国フルーツは豊富で、近年はメロンも栽培され一流ブランドに名を連ねています。

また、スヌイとよばれるもずくやヌキャフと呼ばれる海ぶどう、ナマリブシ(かつおぶし)も人気。
国産の中でも良質黒毛和牛といわれ高級牛と評価されている宮古牛、くみ上げた地下海水で作る「雪塩」はミネラル含有数世界一としてギネス認定もされています。

食べ物だけでなく、日本4大上布のひとつ「宮古上布」は経済産業省の指定伝統的工芸品です。

 

4月には全日本トライアスロン宮古島大会が盛大に行われ、島民あげてボランティアや応援をする一大イベントとなっています。
コロナで中断していましたが、R5年に再開予定ですので皆様ご参加くださいね!

今後、もっともっと宮古島市の魅力を発掘して、情報発信していきます。

 

宮古島市役所ホームページはコチラ

 

荒尾市と認定式を行いました

荒尾市と認定式を行いました

 

7月22日(金)荒尾市の浅田 敏彦(あさだ としひこ)市長より

アンバサダーにご認定いただきました。

 

認定式には、荒尾市のマスコットキャラクター「マジャッキー」も参加してくれました。

マジャッキーは7月3日荒尾干潟の日に誕生し、特技は穴掘り。

世界遺産に登録された「万田坑」や甘くておいしい「あらおジャンボ梨」のある荒尾が大好きです!

 

荒尾市は熊本県の北西部にあり、福岡県との県境に位置しています。鉄道や道路ネットワークも整っていることから、福岡市からも1時間半ほどで移動できる場所にあります。

荒尾市には世界に誇る観光資源である世界文化遺産に登録された「万田坑」、ラムサール条約湿地に登録された「荒尾干潟」があります。

また、西日本最大級の遊園地である「グリーンランド」や400年以上の歴史のある焼き物「小代焼」等、様々な年代の方に楽しんでいただくことのできる観光スポットがあり毎年多くの観光客で賑わっています。

 

特産品としては「あらおジャンボ梨」として有名な新高をはじめ、オイルなどの加工品開発が進むオリーブ、全国的にもブランドが高まる海苔など、海や山の恵みが豊富にあります。

近年では、夏に旬を迎えるマジャクが、筆を使って釣るという独特な漁法とともに話題になっており、メニュー開発も進んでいます。

 

祭りでは、760年以上の歴史のある野原八幡宮の秋季大祭「のばらさん」があります。

毎年10月15日に開催され、祭礼で奉納される「野原八幡宮風流」は、国重要無形民俗文化財として指定されています。

 

今後、もっともっと荒尾市の魅力を発掘して、情報発信していきます。

 

荒尾市役所ホームページはコチラ

 

1~10件目/100件中を表示

1  2  3  4  5 
PAGE TOP