認定式レポート

REPORT

41~50件目/68件中を表示

3  4  5  6  7 

宮崎市と認定式を行いました

宮崎市と認定式を行いました

6月6日(木) 宮崎市の戸敷 正(とじき ただし)市長より、アンバサダーにご認定頂きました。
認定式には、宮崎市のご当地キャラ「ミッシちゃん」も登場。
神々のふるさと 宮崎市らしい、華やかな古代衣装をまとって駆けつけてくれました!

宮崎市が誇る豊かな自然・神話・食の3つの”シ”をとってミッシちゃん。
チャームポイントは、頭のワシントニアパーム。
日本一の宮崎牛、チキン南蛮、冷汁など、宮崎の食べ物が大好き。
プロフィール紹介に宮崎市の魅力がギュッとつまってます!

宮崎市がプロ野球やJリーグなど、多くのプロスポーツチームのキャンプ地に選ばれるのは、温暖な気候と、お肉や魚介、野菜やフルーツなど美味しいものがたくさんあるから。

観光名所やスポーツ・レジャー、神話の舞台めぐりなど、見所も満載の宮崎市の魅力を、アンバサダーとしてどんどん発信していきます!

大川市と認定式を行いました

大川市と認定式を行いました

5月28日(火) 大川市の倉重 良一(くらしげ りよういち)市長より、アンバサダーにご認定頂きました。

認定式には、大川市のゆるキャラ「モッカ君」も参加してくれました。

「モッカ君」は、大川を木の香りでいっぱいにするため、未来からやってきた木の妖精。
頭の年輪から「永遠の4才」とも言われており、「職人MADE大川」大川家具のPRの一翼も担っています。

大川市は、皆さんご存知の通り、家具の大生産地(大川家具)として知られており、市のキャッチフレーズは「めざせっ!元気・快適空間 インテリアシティおおかわ」です。

大川市には、家具以外にも「川アンコウ(なまず)バーガー」という、知られざる「食」があります。
「川アンコウ」とは、筑後川で獲れた天然ナマズのこと。
味がアンコウに似ていることから名付けられました。

低カロリーで高タンパクの川アンコウは、産後回復のため、古くより食されていました。
また、美容に効果のあるビタミンEやビタミンB1が豊富に含まれており、女性におすすめです。

「風浪宮大祭」や「木工まつり」などのイベントにて登場する「なまずバーガー」。
味は、あっさりしたフィッシュバーガーです。
カレー粉やスパイスを入れた一口サイズのフリットとしてもおいしくいただけます。
ぜひ、一度ご賞味ください。

中間市と認定式を行いました

中間市と認定式を行いました

2月7日(木)中間市の福田健次市長と認定式を行いました。
認定式には、中間市のゆるキャラ「なかっぱ」も登場。
市長のモットーである「全力発信」。
中間市の力をお借りしながら、「超全力発信」いたします。
ご当地ヒーロー「ナッカマン」にも是非会いたいです!

鹿島市と認定式を行いました

鹿島市と認定式を行いました

3/28(木)鹿島市の樋口久俊(ひぐちひさとし)市長より、アンバサダーにご認定頂きました。
認定式には、鹿島市のゆるキャラ「かし丸」くんも参加してくれました。

頭にかぶっているのは、祐徳稲荷神社をイメージした「狐」と特産品の「みかん」。
そして、市の花「桜」と肥前浜宿酒蔵通りの「白壁土蔵」を表現した着物を着ています。
肩からは、「ガタリンピック」でつかう「ガタスキー」に乗った「むつごろう」のポシェット!

鹿島市は、お正月の風物詩である箱根駅伝合宿の聖地です。
箱根駅伝に出場する強豪チームが鹿島で毎年強化合宿を行います!

また、鹿島市は、有名な酒蔵があり、3月に開催される「酒蔵ツーリズム」へは、全国からたくさんのお客様が集まります。

今後、連携を深め鹿島市の魅力を発信していきたいと思います。

宇土市と認定式を行いました

宇土市と認定式を行いました

3月22日(金) 宇土市の元松茂樹(もとまつしげき)市長より、アンバサダーにご認定頂きました。
認定式には、ゆるキャラ「うとん行長しゃん」も登場し大活躍でした。

宇土市は、歴史と文化の薫るまちです。
有明海は、あさりの産地で知られており、あさりを使ったオリーブオイル漬など新しい商品を開発されています。

今後、連携を深めて宇土市の魅力を発信していきます。

大牟田市と認定式を行いました

大牟田市と認定式を行いました

2月26日(火)大牟田市の中尾 昌弘(なかお まさひろ)市長より、アンバサダーにご認定頂きました。

認定式には、2018年ゆるキャラ準グランプリの「ジャー坊」も登場してくれました。

大牟田市は、明治時代以降、三池炭鉱と石炭化学コンビナートの隆盛とともに急速な発展をとげ、わが国の産業・経済の発展に大きく貢献したまちです。

今後、大牟田市の魅力を発掘して、情報発信していきます。

佐伯市と認定式を行いました

佐伯市と認定式を行いました

2月21日(木)佐伯市の田中利明(たなか としあき)市長より、アンバサダーに認定していただきました。

佐伯市は、豊かな山と美しい河川が広がっています。
この佐伯市の自然、伝統、文化が数多くの山海の幸、自慢の品々を育んでいます。

佐伯市では、これら”佐伯産品”の中から、お宝品を
「さいきブランド『さいき殿伝』」として認定や認証を行っておられます。

これから、お宝品を発掘して、佐伯市の魅力を発信していきます。

都城市と認定式を行いました

都城市と認定式を行いました

2/15(金) 都城市 池田 宜永(いけだ たかひさ) 市長よりアンバサダーにご認定頂きました。

都城市は、温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれ、農業が盛んで、特に肉用牛、豚、ブロイラーの合計産出額は全国1位。
日本一にも輝いた宮崎牛や焼酎などの数々の特産品で、2015年、2016年のふるさと納税日本一(!)。
全国からの注目度も抜群です。

認定式には、都城市PRキャラクター兼PR部長 諸方(もろかた)ぼんちくん も登場。

池田市長からは「福岡でのPRを強化して行きたいと考えていたので、九州探検隊のオファーはタイミングがピッタリ」とのお言葉も頂戴しました。

今後、積極的な連携で、都城市の魅力を発信していきます!

宗像市と認定式を行いました

宗像市と認定式を行いました

2/13(水) 宗像市の伊豆 美沙子(いず みさこ)市長よりご認定頂きました。

宗像市は、海・山・川の豊かな自然環境と歴史・文化遺産に恵まれたまちです。

平成29年7月には「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が
ユネスコの世界文化遺産に登録され、全国的にも注目を集めています。

今後、宗像市の魅力発信の為、まだ知られていないモノを発掘します。

杵築市と認定式を行いました

杵築市と認定式を行いました

2月8日(金)永松 悟(ながまつ さとる)市長よりアンバサダー認定を頂きました。
認定式には、杵築市商工会のゆるキャラ「ハモシロウ」も登場。

杵築市は、世界農業遺産地域に認定されており、「ハウス美娘(みこ)」など柑橘類の生産が豊富です。
また、日本唯一の城下町の面影を残す風情ある都市で、全国初の「きものが似合う歴史的町並み」に認定されています。
今後、積極的に散策したい都市でした。

41~50件目/68件中を表示

3  4  5  6  7